×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

新型トヨタbB

新型トヨタbBのハッチバックは、初代ヴィッツのプラットフォームを流用して、2つの箱を重ねたような若者好みのデザインが特徴です。bBは、ブラックボックスを意味すると言われています。ウインドウを直立させた直線的なスタイルはボディの見切りが良く運転しやすいです。車内は5人乗りの2列シートをで、フロントはベンチシートです。リアシートは150mmものスライドが可能です。エンジンは1.3L、1.5Lの直4でミッションはコラム4ATです。センターメーターを採用した車内はかなり広く、オーディオ以外、安全関係も含めて装備はひととおり揃っています。文句のない水準の走り、まるでDJブースかと思わせるコックピットに、9スピーカーオーディオシステムや、音に連動するイルミネーションなど個性的装備を採用しています。内装はグレーを基調とした落ち着いた雰囲気で、リクライニングした時に外から体が見えないまったりシートも装備されています。停車中にリラックスできます。

新型トヨタbBの先代との違い

「ヴィッツ系」をベースに開発された先代トヨタbBとの違いは、トヨタとダイハツの共同開発によるリッターカー「パッソ/ブーン」をベースとしているところです。新型bBはダイハツの工場で生産されるため、シャシー開発はダイハツが主体となりました。パッソ/ブーンは、軽快な走りと使い勝手の良さ、親しみやすさなどが受けて、現在ヴィッツをしのぐほどの好評を得ているようです。トヨタ新型bB開発にあたっては、先代bBが持っていた、コンパクトな中にも重厚さを備えた乗り心地を作り上げるかが課題でした。ホイールベースが延長され、車体もパッソ/ブーンより大型化されたトヨタ新型bBは、それでも5ナンバー枠に収まります。運転してみると、パッソ/ブーンより上質で落ち着いた乗り心地で、発進・加速の軽快さが受けているようです。 トヨタbBをカスタマイズするために、多くのメーカーからbB用のエアロパーツがラインナップされ、様々な形にカスタマイズされています。

トヨタbBの車内

車内で音楽を楽しむためにくつろぎ気分を味わえるようにと、ハイトアジャスタの機構を応用した、運転席と助手席両側のフロントシート座面の高さを、シートレール分ほどさげることができる機構が開発されました。このマッタリモード付フロントシートのスプリングとダンパーを利用した操作法は、一度覚えれば手軽に上下できます。マッタリモードにして座面を下げ、シートバックのリクライニングを後ろへ倒すと、とても居心地が良い空間になります。腰と足先の高さがほぼ同じ高さに近づくマッタリモードは、人間工学にのっとったデータに基づいて設計され、マッサージチェアのシート傾斜角と同じにしてあるということです。 停車中にリラックスできるマッタリモードを設けたシートアレンジは画期的です。パイオニアの協力を得ながら開発されたというトヨタ新型bBのサウンドシステムは、九つのスピーカとイルミネーションが組み合わされる。「走ることもできるミュージックプレーヤ」を目指したトヨタbBは、音楽中心の空間を作り上げています。
トヨタbBの新着情報を今すぐチェック

Copyright © 2008 トヨタbBは「音・光・まったり」なクルマ型Music Player